健康と角度の関係性

日本人は、世界的に見てもっとも座っている時間が長いと言われています。間違った座り方を続けることによって、心疾患、脳卒中、糖尿病、腎疾患などの病気を引き起こすという研究結果も発表されています。WHO(世界保健機関)では、タバコやお酒の飲み過ぎよりも、座り過ぎによる危険性を注意喚起しています。
良い座り方とは、背すじを伸ばして90°がいいと思われがちですが、これだと腰椎に負担がかかってしまいます。
体に負担をかけないイスの座り方は長年研究されてきました。横から見ると、イスの座面と背もたれの角度が110°くらいが腰にいちばん負担がかかりません。日本で作られているイスやソファはこの規格になっています。整形外科医の中村格子先生によると、ソファは骨や血管に負担がかからない角度に設計されているので、背もたれにもたれるのがもっとも正しい座り方だそうです。
(『林修の今でしょ!講座』2019年5月21日放送回より)
この体に負担のかからないイスの角度である110°という角度は、じつは体内にも見られる角度です。我々の体をつくっているアミノ酸やタンパク質に多く見られる角度なのです。
アミノ酸分子の形を見ていただくとおわかりのように、炭素を中心とした正四面体の構造になっています。その炭素(専門用語で不整炭素原子)からそれぞれの分子(NH2、H、R、COOH)を結んだときの角度が約110°(正確には109°28’)なのです。ちなみに、タンパク質がアミノ酸の連結したもので構成されていることを発見したのは、イギリス出身の化学者フレデリック・サンガーです。彼はこの功績が認められてノーベル化学賞を受賞しています。
体内を構成しているアミノ酸の分子構造に入っている110°という角度が示すように、人間の体、とくに健康面においては大きな意味をもつ角度といえます。イスの背もたれの角度が110°というのも納得です。
そして、この110°という角度ですが、私がデザインした多面体の水晶に使われている大和比の角度とも同じです。水晶のもともとのパワーに多面体のもつパワーが加わっているので、多面体の水晶には計り知れない可能性が考えられます。

 

再結晶ブルー/立法八面体

saik-rippo8men

主なパワー
脳下垂体が活性化して未来予知力とアイデアが豊かになりビジョン力が発達する

現品のみの限定レア商品、極稀少。
主なパワーはそれぞれ白水晶グッズと同じ。

★再結晶ブルー水晶とは?

青色は、神が生物に与えた色としてはごくまれな色であることから、昔から「神秘的な色」と言われてきた。かつて、この青水晶の原石は、甲府をはじめ世界中には多く流通していたが(15~20年前)、現在ではほとんどなくなってきている。この貴重な原石より甲府で多面体に正確にカットされたものは、現在はさらに稀少なものになってしまいました。

価格はあくまでも予価。大きさやグレードによって価格差があります。
海の深い所の透明で澄んだブルーです。

これが本当のラストチャンス! ——世界に誇る山梨の研磨

今から30〜40年前、昭和の時代、山梨(甲府を中心とした地域)の研磨は、全盛期であった。西独(当時)のオーベルシュタインと並んで世界の二大研磨宝飾工業の産地と言われていた。
そして当時、水晶を研磨する人は、多くいて、切り子屋さんと呼ばれていた。そうしたなか、私(秋山)は、いろいろな切り子職人を尋ね歩いたが、正多面体を正確にカットできる腕のいい職人、3人に出会いました。
K氏、A氏、Y氏です。
通常のペンダントは、平面を基準に考えるため、カットは比較的簡単でした。
しかし、正多面体などは、空間を考えて作業に当たるため、簡単ではありません。それは、立体のいちばん基本的な形、球を意識しなければなりません。
たとえば、正二十面体は、球に内接し、かつ外接もする。
さらに、二十面体の各頂点と二十面体の中心を結ぶ角度が、すべて同じである。このように、中心から各頂点を結ぶ角度が同じである立体は、きわめて希な立体なのです。
そして、多面体の設計は、私が紙と鉛筆で計算したものです。この数値を初めて公開します。

多面体の傾斜角

$$正四面体 \frac{1}{2}\cos^{-1}\frac{1}{3}=35.264^\circ$$
$$正八面体 \cos^{-1}\frac{1}{\sqrt{3}}=54.735^\circ$$
$$正十二面体 \tan^{-1}\frac{1+\sqrt{5}}{2}=58.282^\circ$$
$$正二十面体 \tan^{-1}\frac{3-\sqrt{5}}{2}=69.094^\circ$$

内接球、外接球も計算した。

       内接球        外接球

$$正十二面体   \frac{1}{4}\sqrt\frac{50+22\sqrt{5}}{5}   \frac{\sqrt{3}+\sqrt{15}}{4}$$
$$正二十面体   \frac{3\sqrt{3}+\sqrt{15}}{12}   \frac{1}{4}\sqrt{10+2\sqrt{5}}$$

以上は、30年前に計算した数値です。

30年以上前に、A氏に研磨を依頼しました。設計図を示して、しばらくはA氏に作ってもらっていたのです。その後、Y氏が水晶の大きな塊を持っていることが分かり、Y氏にも水晶の多面体製作をお願いするようになりました。
20年前に、K氏が他界、さらに数年後A氏も他界しました。
さらに、10〜15年前、Y氏が病気になり、多面体の研磨を頼める人がいなくなりました。仕方なく、別の職人様に菱形三十面体をお願いしたことがあります。菱形三十面体の対角線比は、黄金比です。一ヶ月、二ヶ月、三ヶ月経ってもできてこない、そして、六ヶ月後に、その職人から、できないという返事でした。
それから数年の後、Y氏が病気より回復して、正確な菱形三十面体ができあがった時はホッとしたのを覚えています。

現在、Y氏は、80歳代半ば、これまで同様の水晶の商品が作れるかは、不透明になってきました。
そんななか、少し無理を言って、最近、以下に紹介する、九つの多面体を作ってもらいました。

1〜9は、天然無キズの白水晶です。無キズのかたまりの水晶はなくなりつつあります。あったとしても、かつての4〜5倍の仕入れ値となっています。
以下の水晶は、かつて購入していた仕入れ値を基準にした価格で提供するものです。

  1. 立方八面体 水平高30ー対角線40ミリ 定価70,000円
  2. 正二十面体 水平高17ー対角線21ミリ 定価30,000円
  3. 二十、十二面体 水平高22ー対角線25ミリ 定価100,000円
  4. 菱形三十面体 水平高17ー対角線19ミリ 定価45,000円
  5. 菱形三十面体 水平高21ー対角線24ミリ 定価65,000円
  6. 正八面体 水平高16ー対角線27ミリ 定価40,000円
  7. 正六面体(立方体) 水平高15ー対角線26ミリ 定価16,500円
  8. 正十二面体 水平高17ー対角線21ミリ 定価30,000円
  9. 正四面体 一辺19ミリ 定価17,500円

青水晶(再結晶、透明で美しい)

  1. 正六面体(立方体) 水平高18ー対角線20ミリ 定価40,000円
  2.  立方八面体 水平高19ー対角線27ミリ 定価50,000円

アメジスト 宝石用の石 無キズの天然透明。この色と透明度は、国内ではほぼない。

 

  1. 斜方立方八面体 水平高18ー対角線21ミリ 定価795,000円

その他、正多面体、5ヶ、新たに作ってもらっています。

ちなみに、切頭二十面体は、ロバート・カール(ライス大学、米)、ハロルド・クロトー(サセックス大学、英)、リチャード・スモーリー(ライス大学、米)の3人が、1996年(平成8)、ノーベル化学賞を受賞した時の形です。

また、菱形三十面体は、2011年(平成23)、ダン・シュヒトマン氏(イスラエル工学大学)がノーベル化学賞を受賞した形です。

30/5/8 秋山清

六芒星

pend-rokubo-waku

古代インドでは、男性原理を表す上向きの三角形と、女性原理を表す下向きの三角形をあわせ、性別や対立、相反対する2つの概念を統合し、超越した強力な口を秘めた図形として信奉されてきた。「対人関係のバランス」

 ※チェーンは付属しておりません。

正二十面体 紅水晶

braz-sei20men-beni

市販されている紅水晶はほとんどが、完全の不透明石です。その中で、少しでも透明感のある石を選びカットしました。

意味として白水晶の場合とほぼ同じですが、紅水晶になると鋭さは欠けてきますが、やわらかさは増してきます。
SVのつきさしもサンプル的につくりました。つきさしの場合は、7100円。

正二十面体SVつきさし

braz-sei20men-tsuki

立体を構成する最も基本的なカタチと言えば正多面体である。これは無限にありそうに思えるけれども、実は5つしかない(4、6、8、12、20)。その5つのうち最も面の多いのがこの二十面体であります。古代ギリシャのプラトンは、この形を”水”と表わした。

主なパワー
積極性が出る。
人は、めんどうくさい事や、いやな事など、どうしても後回しになってしまう。そのような中で、後おししてくれるのが、この二十面体です。

正二十面体(三角二十面体)のつきさしが銀色なのは、二十面体が銀色系のエネルギーだから。つきさしを2つ買入の場合1000円サービス。

正十二面体SVつきさし

braz-sei12men-tsuki

宇宙の五大元素(地、水、火、風、空)の中で空を表わします。古代ギリシャの哲学者、プラトンは、この形を宇宙と表現しています。さらに世界の物理学者の間では、この形をベースに宇宙の構造が展開されています(ザイフェルト・ウェーバー空間、ポアンカレ十二面体空間 『サイエンス』1984・9月号)。またアメリカ人で世界に名をとどろかした天文学者、カール・セーガンも小説「コンタクト」という著書の中で、宇宙をさまよう宇宙船の形は、この五角十二面体(正十二面体)で表わしています。

主なパワー
意味として、心のやすらぎ。
対人関係などでストレスが多い場合、知らず知らずのうちに気持ちをやすらいでくれる。
なお、つきさしを金色にしたのは、十二面体のエネルギーが金色系のため。

針入り水晶

rare-hari

(水晶のみ)/13.2ミリ×9.6ミリ

写真の水晶は、1本だけ針(ルチル)が入ったものです。
金の価格は、平成23年現在、かなり高くなっておりますが、紹介している商品は数年前に作ったもので、その当時の安い価格にて提供いたします。

haneiriquartz_size02水晶の大きさ(ミリ)

秋山先生によると、甲府の職人がこの原石をさがすのが大変だったと言っていたという。

1本だけ針が入っていて、まわりにインクルージョンのないものは、なかなかみつからない。これだけのサイズのものは、石がないので、作るのはむずかしいとのことです。

六十面体つきさし

kore-60men-tsuki

六十面体は三角形が60個集まった形です。秋山先生はこれを、一種類の三角形でつくりました。正三角形で作った場合には、五角の頂点部が高くなってしま い、エネルギーバランスがよくありません。そこで、三角形の頂点をすべて球に外接するように設計しました(球に外接する形はエネルギーバランスが最もよ い)。その三角形の比率は、おおよそsankaku9-9-10という二等辺三角形です。
意味として、六十は人生の螺旋階段を登るとき、今までより一オクターブ高い状態でもう一度登るという意味があります。人生をよりよいほうに導いてくれる、人生の分岐点にさしかかった時、正しく進む道が自然に分かる、物事を客観的に見られるようになる、とされています。

十三角水晶

13ka-13ka

Aランクの無キズの水晶です。甲府の名人が研磨し、秋山先生が設計したものです。
金の価格は、平成23年現在、高騰しています。K18のつきさしは、現在より金価格が安い時に仕入れたもので、当時の価格で計算しています。

現代において、水晶を使って医療に当たっているシャーマンたちがいます。たとえば、アメリカに住む、あるインディアン系のシャーマンは、水晶を使って病気を治療していますが、十三面にカットした水晶を使ってエイズ患者5人を治療にも成果をあげたと伝えられています。
古代インディアンは、万物にそれぞれ数字をつけていました。すなわち、一は太陽、二は地球という具合で、十三は血液を表しています。したがって、血液関係の病気であるエイズの治療には、数字の十三が適しているというわけです。
彼らは、病気の種類によって水晶(クリスタル)を使い分け、一般的な病気には、クリアークリスタル(白水晶)、婦人科系の病気には、パープルクリスタル、精神的な病気には、ブルークリスタル、怪我にはイエロークリスタルを使っていました。
このようなクリスタル効果に注目したアメリカ厚生省は最近、クリスタルの医療的効果を認め、クリスタルの医療効果の研究を本格化させようとしてます。