• 13ka-13ka-tsuki

十三角水晶K18つき

十三角水晶/21ミリ×12.5ミリK18つき ¥25,700(税込)

この商品は現在 売り切れ です。

 お問い合せ
十三角水晶/31ミリ×14ミリK18つき ¥30,900(税込)

Aランクの無キズの水晶です。甲府の名人が研磨し、秋山先生が設計したものです。
金の価格は、平成23年現在、高騰しています。K18のつきさしは、現在より金価格が安い時に仕入れたもので、当時の価格で計算しています。

 現代において、水晶を使って医療に当たっているシャーマンたちがいます。たとえば、アメリカに住む、あるインディアン系のシャーマンは、水晶を使って病気を治療していますが、十三面にカットした水晶を使ってエイズ患者5人を治療にも成果をあげたと伝えられています。
古代インディアンは、万物にそれぞれ数字をつけていました。すなわち、一は太陽、二は地球という具合で、十三は血液を表しています。したがって、血液関係の病気であるエイズの治療には、数字の十三が適しているというわけです。
彼らは、病気の種類によって水晶(クリスタル)を使い分け、一般的な病気には、クリアークリスタル(白水晶)、婦人科系の病気には、パープルクリスタル、精神的な病気には、ブルークリスタル、怪我にはイエロークリスタルを使っていました。
このようなクリスタル効果に注目したアメリカ厚生省は最近、クリスタルの医療的効果を認め、クリスタルの医療効果の研究を本格化させようとしてます。