五芒星

rare-gobo
rare-gobo

希少/五芒星

(rare-gobo)

平安時代、占術、呪術を駆使して予言や化け物退治に活躍したといわれる陰陽師(おんみょうじ)、安倍晴明(あべのせいめい)が若者の心を魅了している。火付け役は娯楽小説や漫画のようだが、京阪のゆかりの地はにぎわっていた。荒俣宏さんの小説「帝都物語」、夢枕獏さんの「王都妖奇譚(あやしきたん)」が次々と晴明を登場させて、ブームが生まれてきた。安倍晴明屋敷跡との言い伝えられる晴明神社の家紋が「五芒星(五芒星)」であった。
陰陽師は、古代中国で生まれた哲学で、6世紀ごろ日本に伝来した。森羅万象を陰陽の循環として五行(木、火、土、金、水という五大要素)の相克(そうこく)で説明する「陰陽五行説」がその根本。

rare_gobo

秋山先生によると、この五芒星は昔、名人が作ったものです。今はその名人も、仕事をやめてしまったそうです。

希少/五芒星/12.9ミリ
在庫状態 : 売り切れ
¥22,600(税込)
只今お取扱い出来ません